<   2005年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
とりあえず
シュミレーションです。
最近の夜の愛読書はワークショップマニュアルになってしまいました…

今度はミッションごとおろさないといけないので
前回とは少し手順が違うみたいですね。

違うのは
まず、スターターモーターとそのまわりのミッションを留めてるボルトは
その時点では当然ながら外さなくて良いですね。
で、そこまでの作業は済んだとして、

・うまかけて、トランスミッションオイルを抜き取る。
・スピードメーターケーブルをとりはずす。
・シフトリンケージをはずす(特殊なボルトなくさないようにと、ワッシャーの向きに注意)。
・クラッチレバーからリターンスプリングはずし、ナットとロックナットをケーブルから外す。
・ハブのボルトを抜き、ドライブシャフトをはずし、スプリングを取り出す。
・トランスミッションブラケットを取り外す。
おおざっぱにはこんな感じで車体からは外れるみたいです。

大概の部分はここ
まぁさんの、FIAT500 ONLINE MANUALに出てますね。

重複する事でもなんでも注意事項とかあれば、アドバイスいただければ幸いです。
[PR]
by casals_500 | 2005-09-30 23:35 | 駆動系、足回り
過去を振り返る
今回の一連の作業を自分のブログで振り返ってました。
感傷的になりながら(笑)

ミッションとは関係ない事ですが、
今回組み上がった時にネジが2ケ余ったって言ってましたが、
場所がわかりました。
ロッカーアームのとこ、どうやらダブルナットになってたみたいです。
あー、謎がとけてすっきり、、しないですね…。。

実は10月は2台とも車検なんです。
この際どちらかは寝かせておくしかないかな?って。
15万プジョーをとるか、Fiat500をとるか。
あるいは、完全に一台体制にしてしまうか…
[PR]
by casals_500 | 2005-09-30 00:16
またしても…
早速、今朝は500で通勤です。
うれしいし、様子みたいし。

エンジンはかるーく一発で始動!
音も調子よさそう。。

エンジンスムーズにまわってる気がする。
うひょー、良いなあ。
ただ朝は渋滞が激しいので、ちょっと嫌。

そんな時異変はおこった。
stopアンドgoをくり返してた、その何度目かのgoの時。
ギアを一速に入れて発進すると振動とともにグゴグゴっ!!
へっ? 何?
加速すると治まる。 で、止まって、また発進すると症状が。
発進時のトルクがかかった時に異常な音と振動は発生している。
とりあえず2速発進してみる。
何の異常も感じられない。
仕事もあるし、こんなとこで止まってられないので、そのまま職場へ。

夜は用事があってさきほど帰って、まだその後の様子が見れてません。

エンジン自体はスムーズです。

また、おそらく別な問題として、多少シャリシャリって音が聞こえます。
エンジンの回転とまるっきりシンクロという感じではないみたいです。 
(加速しだすと鳴り出して、そして結構ずっと)
=これは今回の異常とは関係ないように思いますが。=

はあー、一速のギアがいかれちまったんでしょうか…
あれやこれや、妄想が膨らんでいたのですが…

これを書きながらパーツリストとかマニュアルを見てました。
考えられる原因は
1.カウンターシャフト側のローギアと組み合わさる歯が欠けた?
2.ローギアそのものの歯が欠けた
3.ローギアスリーブorローギアハブ?
ってとこでしょうか?
で、全く根拠の無い憶測ですが、3.かな?と思ったり…
[PR]
by casals_500 | 2005-09-28 23:17 | トラブル
全国1000万のチンクファンの皆様!
お待たせしました。

今日こそはと気合いを入れて、寝坊して…
午後から作業です…。

今日もすらくんぱさんが来てくださるとの事。
心強い限りです。

まずはジャッキアップしてうまかけて、スターターモーターの配線やら
フライホイルカバーやらをとりつけます。
スターターモーターなんてつい最近いじったばかりだし、、、。

それからうまからおろして、エアーファンのアッパーカバーを取り付けようとして
問題発覚。 キャブ組んでからではだめみたい…
いったんキャブばらして組み直す。
この時、カバーの裏側みたらとっても汚かったので少し汚れを落とす。
(こんな事もっと前にしとけって感じです…)
c0070111_2394774.jpg

c0070111_23102512.jpg

で、なんとか組めてあとは配線とかチョークケーブルとか、そんなのだけって頃
すらさん到着。
もう留めるものがないはずなのに余ったボルト2ケ…
(ま、2ケくらいなら良いか??)

ここからは二人なので早い、早い。
あっと言う間に組み上がり、プラグも新しいものに交換。
この時一応プラグ穴からオイルさしておきました。

で、昨日充電しておいたバッテリーをつなぎ、緊張の瞬間を。
とりあえずはキーをひねらないでクランキングだけして、オイルを潤滑させます。
この限りでは異常は感じられません。

ついにこの時が来ました。
調子ぶっこいてキャブをばらしてみたり、デスビもばらしてみたり。。
ひとつずつすれば良かった、なんて後悔は今さら何の役にも立ちません。
すらさんも固唾をのんで待ってるのがわかります。

深呼吸をして、キーをひねってスターターを。


ぬわんと一発でエンジンはかかりました!!!!
二人とも一瞬びっくりしながらも喜びあいました。

ちょっとアイドリングが安定しなかったのですが、どうもキャブっぽい。
で、ここであほな事をやってたのが発覚。
スロットルストップスクリューだと思って違うのをまわしてました。
たまにしか触ってないのがばればれ。。
でも、これで原因もわかり、安定。

あとはすらさんに持ってきていただいた、タイミングライトにて
点火時期の調整をすれば完了です。
合いマークから13mmの位置に目印をつけて、エンジンまわして
タイミングライトで見ると、なるほど見えます。
この位置を合わせて終了です。

少しアイドリングしてましたが、もういてもたってもいられず
試走です!!
すらさん横に乗っけていざ、しゅっぱあーつ!
なんだかエンジンスムーズです。
意外なほど調子いいです。
すげー、すげー、良い!!!!!!
気持ち良い。 やっぱFiat500は良いなあ。
近くのコンビニまで走ってジュースで乾杯です。

この場をお借りしてお礼を申し上げます。
すらくんぱさん、カメロンパンさん、まぁさん、GARAさん、
ブログでコメントくださった皆様。
ほんとにありがとうございました。
自分一人では何も出来てなかったと思います。

そのあともう少し走ったのですが、とりあえず順調です。
[PR]
by casals_500 | 2005-09-27 23:17 | エンジン、燃料、点火
エキストラクターの使い方
先日なんとかこれを使って折れたボルトを抜く事が出来たのですが、
少し使い方が違ったみたいです。
今頃になってold-timerとか読み返していて気が付きました。
(いつも後から気が付きます…)
c0070111_274723.jpg


・折れたボルトの中心にポンチを打つ(これは合ってた)
でも中心ってのが難しいですね。 僕はずれました…
・ドリルで下穴を開ける(ここもOK)
ちゃんとエキストラクターに合った大きさの穴を。
・エキストラクターを軽くハンマーで打ち込む(そうだったのか…)
これでちゃんと食い付かせてから回すみたいですね。
・タップホルダーをつけて反時計回りに回す。

ポイントは
ポンチを中心に打つ事。
エキストラクターのサイズを適正なものを使用する事。
それに合わせてドリルも適正なサイズを。
ドリルは垂直に穴をあける。

僕は食い付かせるために、押す方にかなりの力を込めて、まわしてました…
[PR]
by casals_500 | 2005-09-27 02:09 | 試行錯誤、ツクル、パーツ、工具
ライブ
いきなりのお誘いでライブに行ってきました。
今日、出勤してみると机の上に郵送物が。
中にはチケットとパンフらしきものが。

仕事は早く終わる予定。 たぶん間に合う。
友達を誘う。 行く事に決定。

ライブをする人はもう還暦が近い人。
今年初孫が出来たらしい。
でもアマチュアでバンド活動してライブやってる。
かっこいい。

ライブはとてもほのぼのとした雰囲気。
しかも地元のバックアップがすごくて、額面1000円のチケットで
フリードリンク、食事付き!
食事もおでんとか、おにぎりとか鳥の唐揚げとか茄子の料理とか、
地元の人がボランティアでがんばったんだろうなあってメニューです。
はっきし言ってこれだけで、もう1000円ではあり得ないです。
場所も昭和レトロな雰囲気を思いっきり残した場所で最高でした。
[PR]
by casals_500 | 2005-09-24 00:10 | ココロ動かされるモノ、コト
ぼちぼち
やります。
休みだったのですが、なんやかんやと用事を済ませてるともう午後です。
午前中に新しいプラグを買っておこうと思ってカー用品店行ったら、財布忘れてた…
てゆうか、わざわざ遠い方に来たのだけど、ここ普通のプラグ売ってないし。

さてチキンラーメン食べてがんばります。
まずはシリンダーヘッドの仕上げの締めをして、
それからロッカーアームをとりつけます。
まずはプッシュロッドをさして、それらをうまく合わせながらとりつけます。
この時マニュアルにも書いてありますが、ロッカーアームのロックナットを思いっきり
緩めておきます。(でないとはめにくい)

c0070111_231093.jpg

はい付きました。 この時締め付けトルクの指定があるはずですが
ソケットがはまらなくてトルクレンチ使えませんでした。
ま、いっかあって。(良くないか…)
それからタペットクリアランスの調整して、
で、ガスケットつけてタペットカバーが取り付きます。

c0070111_2312481.jpg

だんだん見なれたエンジンらしくなってきましたね。
で、エキマニを付けようと思ったのですが、うまく穴の位置が合いません。
無理矢理すればはまると思いますが、ここはあまり無理をしたくなかたので
ステーからマフラーを一旦外しました。
そうなんです、ここリコイルしてたりするんです…

c0070111_2313115.jpg

で、やっとマフラーも付いて、次はキャブを。

c0070111_23151625.jpg

うー、かっくいい。。 こっちからの眺めってあまり見ないですよね。

で、このあとすらくんぱさんが友達をつれて来てくれました。
カバーを付けたり、デスビを取り付けたりして、エンジンを合体させるとこまで
いきました。実は夕方から僕に用事があってタイムアップ直前だったので
少し焦ってました。で、写真撮るのすっかり忘れてました。

お友達の協力もありエンジンは無事合体しました。
ここで時間切れです。

夜用事を済ませて帰って、少し片付けながらふと、おー、そういえば
エンジン、ジャッキに載せて上げたまんまだという事に気が付きました。
さすがにこのままで何日か放っておくのはまずいと思い、
リアパネルを取り付けて、エンジンマウントをつけてエンジンを固定しました。
こんな事夜にしたく無いけど、これはもう何度もやってるので躊躇はありませんでした。
ふう。

c0070111_2325741.jpg


というわけで、今日の作業はこれで終わりです。
期待して見てた人ごめんなさい。
[PR]
by casals_500 | 2005-09-22 23:34 | エンジン、燃料、点火
遠足の前日
みたいな心境です。
バス釣りにはまった頃の前の晩よりもどきどきしてます。

といってもこんな時間なので、出来る事はほとんどなく
c0070111_23403066.jpg

ボルトを磨いてみたり、

c0070111_2341380.jpg

反対側から
c0070111_23412982.jpg

こんなモノをしげしげと眺めてみたり。

うまくいくかなあ、明日完成するのかなあ。

明日は、すらくんぱさんが手伝いにきてくれます。
タイミングライトもお願いしました。
[PR]
by casals_500 | 2005-09-21 23:43 | エンジン、燃料、点火
ヘッドをのせる
だいぶ涼しくなった事だし、がんばろうっと。

今日と明後日の作業で動かしたいなあと思ってるのですが、
段取り悪く、昨日抜いた折れたスタッドボルトを今日注文しました。
まあ明後日に届けば良いか…

さてさて、夜な夜な少しばかり錆を落としたプッシュロッドチューブです。
手間がかかった割にあんまりきれいになってませんね…

c0070111_22201459.jpg

これにガスケットつけて、さらに液体ガスケットを塗って組み付けます。
ちょっと緊張します。
なんどもイメトレしながら。

c0070111_22281239.jpg

ここもカーボンを掻き落としました。 あんまりきれいじゃない?

c0070111_22293272.jpg

ヘッドガスケットつけて、プッシュロッドチューブとかも仮に組んでみました。
実際にはこのあと液体ガスケット塗って、チューブの上側にもガスケットをはめて、
液体ガスケットを塗り、ヘッドと合体しました。
実は液体ガスケットなるものを使用したのは初めてです…
なお、ここらは忙しかったので写真はありません…

c0070111_22323032.jpg

すでにのっかって、トルクレンチで締めてるところです。
マニュアルの順番に従ってきちんと締めます。
 
マニュアルにも書いてありますが、いっきに規定のトルクで
締めるのではなく、2.5Kgf・mくらいから徐々にあげていきます。
で、とどめはカメロンパンさんのアドバイスで、一晩おいてからに
します。(最終の目的のトルクの一歩手前でとめて、仕上げは翌日)
いつもさすがなアドバイスありがとうございます。

[作業してたら通りがかりのおっちゃんが話かけてきて、その人はビートルの
57年式?だっけかを所有されてるそうです。 
すごいですよね。50年近くのってらっしゃるのですね。
一時期はワーゲンバスも持たれてたそうです。]

あー、なんだか不安です。 
ま、今晩もしっかりオーナーズワークショップマニュアル、熟読しようっと。
[PR]
by casals_500 | 2005-09-20 23:05 | エンジン、燃料、点火
いろいろと
やりました。
用事も済ませつつ…

まずは昨晩の宿題のパッキン。 作った型紙をもとに切り出しました。
ちょっとがたがたしてるけど、ま使用には支障ないでしょう。
c0070111_1924472.jpg


それから、液体ガスケットとともにこんなツールを買ってきました。
c0070111_1934924.jpg

エキストラクターなどに使えるハンドルです。
この前セットでついてたハンドルは、ビットをくわえるところがハンドルになってて
それが、クラッチカバーに干渉してうまく回せず失敗したのでした。
これだとビットをくわえるところが芯棒になり、その分ハンドルまでの距離が稼げるので
干渉しないはず。

c0070111_1971859.jpg

やったー! うまくいったよ。。
でも、このボルト一本はずす為にたぶん3000円くらい使ったよ…
[PR]
by casals_500 | 2005-09-19 19:10 | エンジン、燃料、点火