プラグコードが外れる(よーく観察しよう)
サブタイトルはケチは身を救う(事もある)。


朝、気持ちよく通勤してました。
不安材料は無い事は無かったのですが。

いきなりストンとパワーダウン。
おー、きたきた。
おそらくあれに間違いないだろうな、と路肩に止めてエンジンルームを覗く。
やっぱり、プラグコードが外れてる。

昨日から? なぜかプラグコードの一番側がちゃんと止まらなかったんです。

高いコード、まだ買ったばかりなのに壊したかなあと思いつつ、差してそのまま始動。
途中3度ほどそれを繰り返しました。
日曜なので空いててラッキーでした。

帰りはいちいち止まってそんな事するのめんどいので、針金をまいて外れないように押さえました。
この作戦は案外うまくいき、一度も外れる事はなく家に帰りつきました。


とりあえずプラグコード外して部屋に持って入って観察。
無理矢理入れて穴を広げたんだろうなあ…
と思って、ごそごそやって再度試してみるが、だめ。
諦めて以前使ってたプラグコードで代用しようと、プラグに差してみるが
なんとこれもうまく刺さらない。

あれ??
そこでやっとプラグを見ました。
なんか変。 先っちょが細い。 いやん。 これじゃすぐ抜けちゃう。

んー、こんなとこがこんな事になるのかいなと思って、とりあえずプラグ抜いてみました。
(昨日メインジェットを120にしてました。プラグ確認するときつね色、許容範囲?)
古いプラグをほじくり返して比べて見ると、やっぱり形が全然違う。
あれ、ネジ山が切ってある。 って事は…
古いプラグの先っちょをプライヤーで握ってねじってみると、ビンゴ!
そうかあ、そういう仕組みかあ。

c0070111_033475.jpg


とりあえず古いのを付けてと。
で、、あれ? 古いプラグコードはきちんとはまるのに、新しい方ははまらない…
中に残ってました。
が、きっちりはまってるので取れません。
そこで合うサイズのネジをぶち込んで、(ねじ込んで)なんとか抜き取りに成功。

やっと問題解決しました。

こんな小さなモノにかなり振り回されました。
もう少しでヤケをおこして、新しいプラグコードのシリコンを引き裂くところでした。

いつも思うのですが、トラブルがおこった時は、
・しっかり観察する。 これに尽きるような気がします。
それと古い、交換済みのパーツも捨てないで取っておくのもいざという時に役に立ちますね。
[PR]
by casals_500 | 2007-09-10 00:49 | トラブル
<< ああ、割りピン 割りピン >>