ガソリンタンク
作業は行ったものと多少順序が前後します。
ぼちぼち追いつくつもりです。

注文したパーツも届き、一緒にお願いしていたスペシャルツールも届きました。
無料レンタルサービスがあるのです!
他にもやりたい事はありますが、借りたものは返さないといけないのでとりあえず
ガソリンコックをばらしてみます。
ガソリンコックのタンク側にフィルターがあり、どんな状態か確認しておきたかったのです。

タンクの内側にナットがあり、それを外すためにスペシャルツールが必要になります。
c0070111_051476.jpg

使ってみました。
これはスペシャルツールが無いと無理でしょうね。
ばらしてみたところフィルターはまったく問題ありませんでした。

それにしてもシンプルな構造です。
タンクの中に長短2本のパイプが突き出していて、
それぞれがコックの根元の穴につながっています。
通常側とリザーブ側って事ですね。
コックの根元には三つの穴があります。
先ほどの二つの穴(両側)と、もうひとつはキャブレター側に行く穴(真ん中)です。
c0070111_0511810.jpg


そしてその穴をふさぐ蓋がコックの切り替えの役割を果たします。
穴二つを繋げるほどのくぼみがあり、それが右と真ん中、あるいは右と左の穴とつながります。
その蓋を留める金具が湾曲してバネの働きをするようになっており、蓋を押えつけます。
c0070111_0513094.jpg


シンプルで無駄の無い構造なのですが、シンプル過ぎて押えつける力が強過ぎて
コックをまわすのがしぶくなったりするようです。
弱過ぎるとガソリン漏れたり、ネジが外れたりしそうだし、、微妙です。

コック自体はとても綺麗で問題ありませんでした。
タンクも内側はまあ問題無いと思います。
外側は少し塗装がはげてサビかけているところもあるので、簡単に塗装します。
[PR]
by casals_500 | 2010-10-18 00:54 | ベスパ
<< タンク塗装、リアブレーキばらし ベスパ >>